当社の目指す経営

農家の苗作りからの負担を軽減させたい

no title

アグリシードは、健康な苗を円滑に提供し、宮崎県青果物の生産維持拡大と品質向上を促し、農家の経営安定に役立てることを願い、設立しました。高齢化が進む生産農家の労力軽減を行い、良質な野菜等を消費者に届けるために、主に接木(つぎき)苗を生産し、供給しています。

代表者のあいさつ

当社は、面倒な「苗づくり」から農家を開放し「計画的な生産」と「ゆとりある農業の創造」の実現確保、および健全な苗を円滑に提供し「宮崎青果物」の生産維持拡大と品質向上を促し、農家の経営安定に役立てることを願い、JAグループ宮崎の農家支援事業の一環として、平成5年に設立されました。

創業時は専門技術者もおらず、文字通りゼロからの育苗事業のスタートでした。試行錯誤の日々を重ね、また皆様方からの心温まる叱咤激励をいただき、今日まで25年の歩みを続けてまいりました。

今、農業・農村を取り巻く環境は、高齢化、過疎化、国際化、さらには長引く不況により、農産物価格の低迷と農業コストの高止まりなど、厳しい状況が続いております。そして、これらを背景に農業生産基盤の脆弱化が懸念されております。

本県園芸事業の維持拡大を図るうえで、私どもの育苗事業の重要性・必要性は更に高まるものと確信しております。これまでも、これからも、誰よりも「苗半作」の意味を大切に考え、常に向上心を強く持ち続け、生産農家及び地域社会とともに歩き貢献し、より信頼される「育苗事業」の確実な実践に取り組みます。そして本県農業の正に拠点となれるよう、全社挙げて努力してまいります。

今後とも、より一層のご愛顧賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

生産苗数の推移及び販売高推移

no title